コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳩杖 キュウジョウ

世界大百科事典 第2版の解説

はとづえ【鳩杖】

〈はとのつえ〉とも,音読して〈きゅうじょう〉ともいう。老人のつくで,頭部にの形を飾り付けたもの。古代中国の風習で,老臣をねぎらいいたわるために宮中から下賜された。鳩はむせない鳥とされ,老人がむせないようにとの意から鳩の飾りのあるはし(箸)を下賜された故事によるという。また高祖(劉邦)が項羽と戦って敗れ,草むらに隠れていたとき,鳩がその上に止まって鳴いたので,追手は鳥がいれば人はいないとみて去り,ついに脱出できた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうじょう【鳩杖】

頭部に鳩はとの飾りを付けたつえ。鳩は物を食べるときむせないということから、功労のあった老臣の慰労に宮中から賜った。宮中杖。はとづえ。はとのつえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鳩杖の関連キーワード狀・丈・上・乗・乘・冗・剩・剰・城・場・壌・壤・嬢・孃・定・帖・常・情・成・擾・攘・杖・条・條・浄・淨・状・畳・疊・盛・穣・縄・繞・繩・蒸・譲・讓・醸・釀・錠・静・饒豊蔵坊信海油煙斎貞柳江村専斎ステッキ在原古玩宮中杖採桑老功労慰労

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android