コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池上隼之助 いけがみ はやのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池上隼之助 いけがみ-はやのすけ

1829-1864 幕末の武士。
文政12年8月17日生まれ。池上陳暁の子。日向(ひゅうが)(宮崎県)佐土原(さどはら)藩士。上原立斎,梅田雲浜(うんぴん)にまなぶ。安政の大獄の際に徳川斉昭(なりあき)に面会をもとめて失敗,幽閉される。文久2年脱藩し寺田屋事件にかかわり,翌年までふたたび幽閉された。元治(げんじ)元年8月11日死去。36歳。名は陳敬。号は竹泉,孤峰。通称は「じゅんのすけ」ともよむ。

池上隼之助 いけがみ-じゅんのすけ

いけがみ-はやのすけ

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

池上隼之助 (いけがみはやのすけ)

生年月日:1829年8月17日
江戸時代末期の佐渡原藩士
1864年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

池上隼之助の関連キーワード生年月日

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android