コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池尻岳五郎 いけじり たけごろう

1件 の用語解説(池尻岳五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池尻岳五郎 いけじり-たけごろう

1844-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)15年生まれ。池尻茂左衛門の次男。池尻茂四郎の義弟。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士。文久2年尊攘(そんじょう)派の古松簡二と脱藩し,京都で活動中の父をたすける。古松,水田謙次とともに天狗(てんぐ)党の挙兵に参加。敗れて元治(げんじ)元年11月20日信濃(しなの)(長野県)和田峠で捕らえられ,斬殺(ざんさつ)された。21歳。名は岳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

池尻岳五郎の関連キーワード元治曲芸真木和泉井関隆子武田秀平平手造酒弘化黄埔条約米中関係跡部良弼

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone