池尻岳五郎(読み)いけじり たけごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池尻岳五郎 いけじり-たけごろう

1844-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)15年生まれ。池尻茂左衛門の次男。池尻茂四郎の義弟。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士。文久2年尊攘(そんじょう)派の古松簡二と脱藩し,京都で活動中の父をたすける。古松,水田謙次とともに天狗(てんぐ)党の挙兵に参加。敗れて元治(げんじ)元年11月20日信濃(しなの)(長野県)和田峠で捕らえられ,斬殺(ざんさつ)された。21歳。名は岳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android