コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田好運 イケダコウウン

5件 の用語解説(池田好運の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いけだ‐こううん〔‐カウウン〕【池田好運】

江戸初期の航海学者。肥後の人。来日したポルトガル人マノエル=ゴンザロに航海術を学び、元和2年(1616)にルソン島へ渡航。生没年未詳。著「元和(げんな)航海記」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田好運 いけだ-こううん

?-? 江戸時代前期の航海家。
元和(げんな)2年(1616)ポルトガルの商人ゴンサロとともに長崎から呂宋(ルソン)(フィリピン)に渡航し,実地に航海術をまなぶ。この経験をもとに,4年「元和航海書(記)」(日本最初の西洋流航海術書)をあらわす。寛永13年(1636)長崎沖のポルトガル沈没船から銀をひきあげた。肥後(熊本県)出身。本姓は菊池。通称は与右衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

池田好運

生年:生没年不詳
江戸時代初期の航海家。『元和航海書』の著者として知られる。その序文に長崎の住,肥後(熊本県)菊池の姓池田与右衛門入道好運編輯とある。元和2(1616)年マノエル・ゴンサロと共に2年間一緒にルソンへ航海し,その間に航海術を学び,なお不明の点を研究して,その結果を記述したという。季節による太陽の赤緯表をかかげて南蛮航海術を述べるとともに,東南アジア方面の航路や船長の心得なども記してある。日本における最初の西欧流航海術書で,航海日誌の類ではなく,題名は旧蔵者がつけたもので不適切である。また京都の水学宗圃という人と協力して,寛永13(1636)年長崎で沈没したポルトガル船から銀を引き上げたという事跡がある。

(内田正男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いけだこううん【池田好運】

江戸初期の天文学者。長崎の人。通称弥右衛門。ポルトガル人から航海術を学び、ルソン島へ実地航海した。生没年未詳。著「元和航海記」「按針術」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

池田好運
いけだこううん

生没年不詳。江戸初期の航海学者、技術者。肥後(熊本県)の菊池氏の出身。長崎の住人。通称は与右衛門入道。来日したポルトガル人航海家マノエル・ゴンザロManuel Gonzaloから航海術を学び、1616年(元和2)ルソン島へ実地航海して技術を体得し、1618年『元和(げんな)航海記』とよばれる無題書(現在京都大学図書館蔵)を著して、東南アジアへの航海に必要な天文、気象、海況の観測心得を、その測定装置の図解とともに説いた。1636年(寛永13)金山排水法とからくりを応用し、長崎港沖の沈没ポルトガル船から積み荷の銀600貫(2250キログラム)の引き揚げに成功した。[石山 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池田好運の関連キーワード元和航海記デュモン・デュルビル航海術遠洋航海航海図航海灯・航海燈断絶への航海《禁断の国――朝鮮への航海》鄭和航海図《“ノナ号”の航海》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone