コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊丹風 イタミフウ

2件 の用語解説(伊丹風の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いたみ‐ふう【×丹風】

元禄(1688~1704)ごろの俳諧の一派。また、その俳風。伊丹の池田宗旦(いけだそうたん)を祖とする。談林派の流れをくみ口語・俗語を駆使し、新奇な着想による表現が特色。上島鬼貫(うえじまおにつら)もその一人。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いたみふう【伊丹風】

摂津伊丹に栄えた俳諧の一派。池田宗旦を祖とし、口語を使った奇抜な作風。上島鬼貫おにつらを中心に森本蟻道・上島才人・鹿島後村・森本百丸らが集まったが、鬼貫の没後衰えた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

伊丹風の関連キーワード元禄市川団十郎幇間桑原仙渓野呂松遣い表具屋節筑前国友禅落語立花時勢粧

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone