池田 満寿夫(読み)イケダ マスオ

20世紀日本人名事典「池田 満寿夫」の解説

池田 満寿夫
イケダ マスオ

昭和・平成期の版画家,作家,映画監督



生年
昭和9(1934)年2月23日

没年
平成9(1997)年3月8日

出生地
旧満州・奉天

学歴〔年〕
長野北高〔昭和27年〕卒

主な受賞名〔年〕
東京国際版画ビエンナーレ展入選(第1回)〔昭和32年〕,東京国際版画ビエンナーレ展文部大臣賞(第2回)〔昭和35年〕,東京都知事賞〔昭和37年〕,東京国際版画ビエンナーレ展国内大賞(第4回)〔昭和40年〕,ベネチア・ビエンナーレ展版画部門大賞〔昭和41年〕,芸術選奨〔昭和42年〕,リュブリアナ国際版画展ユーゴスラビア芸術アカデミー賞(第8回)〔昭和44年〕,野生時代新人文学賞〔昭和51年〕「エーゲ海に捧ぐ」,芥川賞〔昭和52年〕「エーゲ海捧ぐ」,フジサンケイ・ビエンナーレ現代国際彫刻展(優秀賞 第2回)〔平成7年〕「犀」

経歴
高校卒業後、上京し芸大を3度受験し失敗。似顔絵などで生計をたてながら油絵を書きつづける。のち銅版画を制作するようになり、昭和32年第1回東京国際版画ビエンナーレ展に入選、第2回の同展で文部大臣賞、第4回では国内大賞、さらに41年ベネチア・ビエンナーレで版画部門大賞を受賞。多くの賞を受けるとともに国内外で個展を開催。その後小説を書き始め、52年「エーゲ海に捧ぐ」で芥川賞受賞。同作品は自身の手によって映画化され、ポルノか芸術かと話題を呼んだ。54年からバイオリニストの佐藤陽子とパートナーとして同居。55〜58年「池田満寿夫25年の歩み」展を全国巡回。映画監督、舞台演出、写真、陶芸など幅広く活躍。著書はほかに「窓からローマが見える」(自身の監督により映画化)「マンハッタン・ラプソディ」「これが写楽だ」など。平成9年4月長野市に池田満寿夫美術館が開館。没後、池田満寿夫記念芸術賞が創設された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「池田 満寿夫」の解説

池田 満寿夫 (いけだ ますお)

生年月日:1934年2月23日
昭和時代;平成時代の版画家;作家;映画監督
1997年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android