汪輝祖(読み)おうきそ(英語表記)Wang Hui-zu; Wang Hui-tsu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

汪輝祖
おうきそ
Wang Hui-zu; Wang Hui-tsu

[生]雍正8(1730)
[没]嘉慶12(1807).蕭山
中国,清朝中期の地方官で歴史学者。浙江省蕭山県の人。字は龍荘。 11歳で父の汪楷を失い,17歳で秀才になり,乾隆 17 (1752) 年に義父王宗閔の幕友となった。同 40年に進士に合格して湖南省寧遠の知県に任じられたが,幕友時代の経験を生かして手腕を発揮した。同 55年,道州知州のとき妥協を許さぬその態度が恨まれて,職を辞し故郷に帰って学問に専念した。その著作には官僚の経験に基づいた『佐治薬言』『学治憶説』がある。また正史に対する考証,特に人名に関する研究は『史姓韻編』 (64巻) を代表に『九史同姓名略』 (72巻) ,『二十四史同姓名録』 (160巻) ,『遼金元三史同名録』 (40巻) などがある。晩年に自伝『病榻夢痕録』や教訓的な『双節堂庸訓』を著わしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android