コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢村宗十郎(3代) さわむら そうじゅうろう

1件 の用語解説(沢村宗十郎(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢村宗十郎(3代) さわむら-そうじゅうろう

1753-1801 江戸時代中期-後期の歌舞伎役者。
宝暦3年生まれ。2代沢村宗十郎の次男。宝暦9年子役で初舞台。父の没後は2代嵐三五郎に師事し,明和8年3代宗十郎を襲名。初代並木五瓶作品の主役をつとめ,江戸の立役(たちやく)として人気を博した。享和元年3月29日死去。49歳。江戸出身。初名は初代沢村田之助。通称は大訥子(とっし)。俳名は訥子。屋号は紀伊国屋。
【格言など】あぢなきや浮世の人に別れ霜(辞世)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

沢村宗十郎(3代)の関連キーワード喜多川歌麿沢村宗十郎享和大英博物館高橋孫兵衛吉住小三郎銚子醤油日本の民家荻野検校伊勢型紙

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone