沢田俊三(読み)さわだ しゅんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢田俊三 さわだ-しゅんぞう

1853-1909 明治時代の弁護士。
嘉永(かえい)6年7月生まれ。もと武蔵(むさし)忍(おし)藩(埼玉県)藩士。横浜で神奈川県法律顧問のヒルにまなび,のちアメリカのエール大学学位をえて,明治21年東京代言人組合副会頭となる。早大,慶応義塾の講師をつとめた。明治42年5月5日死去。57歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android