コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢田吾一 さわだ ごいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢田吾一 さわだ-ごいち

1861-1931 明治-昭和時代前期の数学者,歴史学者。
文久元年9月23日生まれ。菊池大麓(だいろく)に師事。母校帝国大学の講師をへて,高等商業(現一橋大)教授となり,商品学,経済数学を担当。大正9年東京帝大国史学科に入学し,卒業後,昭和2年大著「奈良朝時代民政経済の数的研究」を刊行した。昭和6年3月12日死去。71歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。著作に「日本数学史講話」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

沢田吾一の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎五所平之助マキノ雅広ルロイ稲垣浩成瀬巳喜男内田吐夢島津保次郎田坂具隆

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android