コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢露川 さわ

美術人名辞典の解説

沢露川

江戸前・中期の俳人。伊賀生。通称藤屋市郎右衛門、別号に月空居士・霧山軒・鱠山窟。はじめ北村季吟・吉田横船に、のち松尾芭蕉に学ぶ。46才で落飾、月空庵を結んだ記念に『庵の記』を編む。諸国を遊歴し門人も多い。各務支考との間に確執があった。寛保3年(1743)歿、83才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢露川 さわ-ろせん

1661-1743 江戸時代前期-中期の俳人。
寛文元年生まれ。はじめ貞門の北村季吟(きぎん),吉田横船(おうせん)に,ついで松尾芭蕉(ばしょう)にまなぶ。諸国をめぐり,熱心に撰集を刊行し,同門各務(かがみ)支考と対立した。寛保(かんぽう)3年8月23日死去。83歳。伊賀(いが)(三重県)出身。通称は藤屋市郎右衛門。別号に月空居士,月空庵など。編著に「庵の記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

沢露川

没年:寛保3.8.23(1743.10.10)
生年:寛文1(1661)
江戸中期の俳人。一時,渡辺氏。通称,藤原市郎右衛門。別号,月空居士,月空庵,霧山軒など。伊賀友生(三重県上野市)に生まれ,のち名古屋札の辻で数珠商を営む。俳諧は,北村季吟,蘭秀軒(吉田)横船に学んだとも,斎藤如泉門ともいう。のち,松尾芭蕉に入門し,『流川集』を刊行。家業を養子月頂に譲渡した宝永3(1706)年以降,活発な活動を展開する。諸国に31杖するとともに,門弟の拡充をめざして各務支考と論争におよんだこともあった。<参考文献>石田元季「蕉門七部初三集の主要作家」「尾州享保期の俳風」(『俳文学考説』)

(楠元六男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

沢露川の関連キーワード無外坊燕説榎本馬州太田巴静三輪素覧石田元季越智越人藤屋露川江戸前露川

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沢露川の関連情報