コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河内王 かわちおう

2件 の用語解説(河内王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河内王 かわちおう

?-694 飛鳥(あすか)時代の官吏。
天武天皇15年新羅(しらぎ)(朝鮮)使の金智祥をもてなすため,筑紫(つくし)につかわされる。持統天皇3年(689)筑紫大宰帥(だざいのそち)となり,のち僧を大隅(おおすみ)・阿多(ともに鹿児島県)に派遣して仏教をつたえさせた。持統天皇8年4月死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

河内王

没年:持統8.4(694)
生年:生年不詳
7世紀末の筑紫大宰帥。川内王とも。朱鳥1(686)年,新羅使金智祥を饗応するために筑紫に遣わされ,同年9月天武天皇の殯宮において,左右大舎人を代表して誄した。時に浄広肆(のちの従五位下)。持統3(689)年,筑紫大宰帥に。同6年,持統天皇の詔を受け,沙門を大隅と阿多(いずれも鹿児島県)に遣して仏教を伝えさせた。没後浄大肆(従五位上)を贈られた。王を豊前国鏡山(福岡県香春町)に葬ったとき,手持女王(王の妻か)が作った歌3首が『万葉集』巻3にある。なお,河内王を名乗る人物は,ほかに奈良時代に複数いるが,さしたる事績のある人はいない。

(狩野久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

河内王の関連キーワード阿倍御主人釜石艦砲射撃ラホールルビーレーザー藤原京ライダー河内王藤原宇合藤原京国際園芸・造園博ジャパンフローラ2000

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河内王の関連情報