コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川上冬崖 かわかみ

美術人名辞典の解説

川上冬崖

幕末・明治の洋画家・南画家。信州生。名は寛、字は子栗、通称は万之丞。江戸に出て川上氏の養子となる。初め大西椿年に学び、のち西洋画を研究し、その家塾である聴香読画館近世の洋画の発達に大きな貢献をした。明治14年(1881)歿、55才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かわかみ‐とうがい〔かはかみ‐〕【川上冬崖】

[1827~1881]幕末・明治初期の画家。信濃の人。旧姓、山岸。名は寛。通称、万之丞。初め大西椿年(おおにしちんねん)に師事、四条派の絵や南画を学ぶ。川上家を継いで、幕府蕃書調所(ばんしょしらべしょ)で洋画法を研究、指導。明治維新後は洋画塾を開いて後進を指導した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

川上冬崖【かわかみとうがい】

幕末から明治初めに活躍した近代日本洋画の先駆者。本名は万之丞,のちに寛と改めた。信州松代の生まれ。四条派を学んだのち,蘭学をもって幕府の蕃書調所に出仕,絵図調役,画学出役を勤めながら西洋画法を研究・指導した。
→関連項目荒木寛畝川村清雄松岡寿

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川上冬崖 かわかみ-とうがい

1827-1881 幕末-明治時代の画家。
文政10年6月11日生まれ。大西椿年(ちんねん)にまなぶ。安政3年ごろ蕃書調所(ばんしょしらべしょ)にはいり,絵図調出役をへて画学出役となり,西洋画を指導。維新後,開成学校などをへて陸軍省に勤務。また画塾聴香読画館をひらき小山正太郎らを育成。明治14年5月3日死去。55歳。信濃(しなの)(長野県)出身。本姓は山岸。名は寛。字(あざな)は子栗。別号に太年。
【格言など】幅(ふく)を愛するのは異性を愛するのと同じことだ。自分が好きならそれでいい。何も人にきめてもらうには及ぶまい(所蔵の山水画を人にけなされて)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

川上冬崖

没年:明治14.5.3(1881)
生年:文政11.6.11(1828.7.22)
幕末明治期の洋画家。信濃国松代領(長野市)生まれ。本姓山岸。名を万之丞,寛。画屋を無辺春色画屋と称す。18歳ごろ江戸へ出,大西椿年に四条派の画を学ぶ。安政3(1856)年ごろ蕃書調所へ入り,翌年絵図調出役となり西洋画法研究を始める。文久1(1861)年同所画学局設置により画学出役となり,高橋由一らを指導する。明治維新後は,大学南校,陸軍士官学校などで教えた。明治4(1871)年『西画指南』を,7年には習画帳『写景法範』を刊行。この間,明治2年に日本最初の洋画塾聴香読画館を開き小山正太郎らを指導している。第1,2回内国勧業博覧会審査官も務める。熱海で客死した。

(三輪英夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かわかみとうがい【川上冬崖】

1827‐81(文政10‐明治14)
江戸時代末~明治期の洋画家,南画家。信濃松代藩領(現,長野市)に生まれる。幼名山岸斧松,後に万之丞,寛を名のる。17歳で江戸に出て,上野東叡院に仕えるが,四条派の画家大西椿年に会い,画家を志す。1851年(嘉永4)御家人川上仙之助の養子となり,56年(安政3)蕃書調所に出仕し,画学局の設置とともにその絵図出役となり,高橋由一をはじめ明治初期に活躍する洋画関係者を指導する。画学局時代の仕事として知られているものに,横山由清訳《魯敏遜漂行紀略》の挿絵があり,これは洋風挿絵の嚆矢(こうし)とも言われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かわかみとうがい【川上冬崖】

1827~1881) 幕末・明治初期の画家。信濃松代の人。名は寛。初め四条派を学ぶが、のちに幕府の画学局、維新後大学南校などで、西洋画の研究・教授に努めた。また、私塾聴香読画館を開き、門人を育成した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川上冬崖
かわかみとうがい

[生]文化11(1828).6.11. 信濃,松代
[没]1881.5.3. 熱海
明治の文人画家,洋画家。旧姓は山岸,名は寛,字は子栗。通称は万之丞。嘉永4 (1851) 年江戸へ出て旗本川上家の養子となった。絵は大西椿年に南宗画を習い,太年,のち冬崖と号した。安政4 (57) 年江戸幕府の図画取調役に任じられてから西洋画法を研究,また石版の印刷にも通じた。明治2 (69) 年下谷御徒町に家塾,聴香読画館を開いて後進を指導,高橋由一,小山正太郎,松岡寿,中丸精十郎らを育て,近代洋画の先駆者となった。のち陸軍省に入り兵学寮,参謀局に勤め,測量地図を作成した。主要作品『芥子図』 (東京国立博物館) ,『風景』 (同) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川上冬崖
かわかみとうがい
(1827―1881)

明治初期の文人画家、また洋風画の先覚者。信濃(しなの)国松代(まつしろ)領福島新田村(長野県上水内(かみみのち)郡)山岸瀬左衛門の二男として文政(ぶんせい)10年6月11日に生まれる。幼名を斧松(おのまつ)(あるいは尾之松と記す)と称し、長じて萬之丞、のち寛と改める。18歳のとき江戸に出て、上野東叡院にとどまっていたが、たまたま来訪した四条派の画家大西椿年(ちんねん)を知り、彼に師事した。1851年(嘉永4)幕府の家臣川上仙之助の養嗣子(ようしし)となり、蕃書調所(ばんしょしらべしょ)に入り蘭学(らんがく)の研鑽(けんさん)に努めた。またその画才を認められて西洋画法の研究にあたり、のち画学局が置かれるとその筆頭になった。68年(明治1)創立された沼津兵学校の絵図方として図画の指導を担当、のち大学南校の図画御用掛を命ぜられた。71年下谷(したや)御徒町(おかちまち)に画塾聴香読画館を開いて西洋画を教え、門下から小山(こやま)正太郎、松岡寿(ひさし)、高橋由一(ゆいち)らが輩出し、明治の洋画発展に大きく貢献した。彼が大学南校より刊行した『西画指南』は、主として英人ロベルト・スコットボルンの著書によったもので、西洋画指導に大きな役割を果たした。明治14年5月3日没。[永井信一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の川上冬崖の言及

【画学校】より

…しかし,1876年創設の工部美術学校が短期間で閉校となったのち,官設の東京美術学校が89年に開校されるまでの明治前半期には,一連の私画塾が画学校の役割を果たした。川上冬崖,高橋由一の2人の洋画家はその先駆をなす。ともに幕府の開成所(蕃書調所の後身)画学局に学んだが,西洋画研究機関であったこの画学局は,明治期の画学校の前身ともみることができる。…

【明治・大正時代美術】より

…1811年(文化8)蘭書の翻訳機関として蛮書和解御用(ばんしよわげごよう)が置かれる。56年(安政3)蕃書調所と改称し,翌年から川上冬崖が,ここで正式に西洋画の研究に着手することになる。冬崖は,61年(文久1)に画学局に拡大された西洋画研究の唯一の公的機関で,画学出役として指導者となった。…

※「川上冬崖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

川上冬崖の関連キーワード長野県信濃美術館小山 正太郎アトラス伝説五姓田義松川村 清雄印藤 真楯荒木 寛畝狩野友信河北道介奥原晴湖松岡 寿印藤真楯武村耕靄松井 曻井出孫六松井曻画学校開成所門人

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android