コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河原士栗 かわはら しりつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河原士栗 かわはら-しりつ

1827-1863* 幕末の儒者。
文政10年9月13日生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士。坂井虎山らにまなび,藩校博文館の教授となる。産物総取締差配,勘定奉行などとなるが,実父村上真輔が暗殺された事件に連座して閉門・追放の処分をうけ,文久2年12月18日自刃(じじん)。36歳。名は寛。通称は駱之助(らくのすけ)。号は翠城。編著に「忠芬義芳(ちゅうふんぎほう)詩巻」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河原士栗の関連キーワードグリュクスボー朝グリュックスボー朝芹沢鴨エンゲルス中島名左衛門カニング冬の旅ゴーブルブラックマーティン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android