コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河原士栗 かわはら しりつ

1件 の用語解説(河原士栗の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河原士栗 かわはら-しりつ

1827-1863* 幕末の儒者。
文政10年9月13日生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士。坂井虎山らにまなび,藩校博文館の教授となる。産物総取締差配,勘定奉行などとなるが,実父村上真輔が暗殺された事件に連座して閉門・追放の処分をうけ,文久2年12月18日自刃(じじん)。36歳。名は寛。通称は駱之助(らくのすけ)。号は翠城。編著に「忠芬義芳(ちゅうふんぎほう)詩巻」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河原士栗の関連キーワード芹沢鴨中島名左衛門カニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング阿閉権之丞岩下方平落合直亮

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone