河合浩蔵(読み)かわい こうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河合浩蔵 かわい-こうぞう

1856-1934 明治-昭和時代前期の建築家。
安政3年1月24日生まれ。工部省にはいり,明治19年ドイツに留学。帰国後,司法省建築主任となり,一貫してドイツ風建築を設計した。21年造家学会(のちの日本建築学会)創立に参加。昭和9年9月6日死去。79歳。江戸出身。工部大学校卒。作品に奈良ホテルなど。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android