河喜多能達(読み)かわきた みちただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河喜多能達 かわきた-みちただ

1853-1925 明治-大正時代の応用化学者。
嘉永(かえい)6年8月2日生まれ。ドイツ・イギリス留学後,明治30年東京帝大工科大教授となる。有機化学起爆薬の雷汞(らいこう)の研究などで知られる。大正14年4月3日死去。73歳。肥後(熊本県)出身。工部大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android