コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河喜多能達 かわきた みちただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河喜多能達 かわきた-みちただ

1853-1925 明治-大正時代の応用化学者。
嘉永(かえい)6年8月2日生まれ。ドイツ・イギリス留学後,明治30年東京帝大工科大教授となる。有機化学起爆薬の雷汞(らいこう)の研究などで知られる。大正14年4月3日死去。73歳。肥後(熊本県)出身。工部大学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河喜多能達の関連キーワードダイバーズ大正時代秦逸三嘉永

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android