雷汞(読み)ライコウ

百科事典マイペディアの解説

雷汞【らいこう】

雷酸水銀(II)Hg(ONC)2のこと。硝酸水銀(II)の硝酸溶液とエチルアルコールを反応させて得られる灰色の結晶。乾燥したものは火炎,衝撃,摩擦などで容易に爆発し,起爆薬の一種。塩素酸カリウムなどとの混合物を雷管の点爆薬として使用した。
→関連項目起爆薬デトネーション雷管雷酸

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

らいこう【雷汞】

雷酸水銀(II)Hg(ONC)2の慣用名。A.B.ノーベルの発明した雷管に起爆薬として用いられた。すでに19世紀に合成されていたが,起爆薬に用いられる以前は梅毒の薬として用いられていた。その後,塩素酸カリウムと混合して雷汞爆粉としたものが長い間起爆薬として使用されてきた。水銀を硝酸に溶かした溶液とエチルアルコールとを大きな空間容積のガラス容器中で反応させると,多量の白煙を発生して激しく反応し,雷汞の灰色結晶が析出する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

らいこう【雷汞】

起爆薬の一。水銀を濃硝酸に溶かし、エタノールを加えて得る白色針状結晶。化学式 Hg(ONC)2 有毒。加熱・衝撃・摩擦によって激しく爆発する。工業用雷管として広く使用されてきたが、現在ではほとんど用いられない。雷酸水銀(Ⅱ)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

らい‐こう【雷汞】

〘名〙 起爆薬の一種。水銀を濃硝酸に溶かし、エチルアルコールを作用させて作る。化学式 Hg(ONC)2 白色の結晶。乾燥したものは加熱、衝撃、摩擦などによって容易に爆発する。雷管に詰めて起爆薬となる。雷酸第二水銀。雷酸水銀。〔五国対照兵語字書(1881)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android