河村秀清(読み)かわむら ひできよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河村秀清 かわむら-ひできよ

1177-? 鎌倉時代の武士。
治承(じしょう)元年生まれ。文治(ぶんじ)5年(1189)源頼朝の奥州攻めにしたがい,三浦義村らと藤原泰衡(やすひら)の異母兄藤原国衡がまもる阿津賀志(あつかし)山の堡塁(ほうるい)を攻める。承久(じょうきゅう)の乱では北条泰時にしたがって京都にいき,宇治橋でたたかった。相模(さがみ)(神奈川県)出身。通称は四郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android