コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河端五雲 かわばた ごうん

1件 の用語解説(河端五雲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河端五雲 かわばた-ごうん

1699-1773* 江戸時代中期の俳人。
元禄(げんろく)12年生まれ。伊予(いよ)松山藩士。側用人,番頭(ばんがしら)などを歴任。江戸勤務の余暇に佐久間柳居(りゅうきょ)にまなび,松山の俳人に影響をあたえた。安永元年12月23日死去。74歳。名は氏房。通称は藤太夫。別号に陶丘,一笠庵など。句集に「矢立の露」「大名竹」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河端五雲の関連キーワード一如上人中島川ティーク秋田蘭画蕪村七部集プガチョフの乱大関風越山傾城仏の原

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone