コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河端五雲 かわばた ごうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河端五雲 かわばた-ごうん

1699-1773* 江戸時代中期の俳人。
元禄(げんろく)12年生まれ。伊予(いよ)松山藩士。側用人,番頭(ばんがしら)などを歴任。江戸勤務の余暇に佐久間柳居(りゅうきょ)にまなび,松山の俳人に影響をあたえた。安永元年12月23日死去。74歳。名は氏房。通称は藤太夫。別号に陶丘,一笠庵など。句集に「矢立の露」「大名竹」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河端五雲の関連キーワード五雲