コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野小石 こうの しょうせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野小石 こうの-しょうせき

1823-1895 江戸後期-明治時代の儒者。
文政6年9月生まれ。生家は安芸(あき)広島の綿商。頼聿庵(らい-いつあん)にまなぶ。文久3年広島藩の儒官,翌元治(げんじ)元年藩世子の侍読となる。幕長戦争では長州藩と折衝。維新後は,厳島(いつくしま)神社禰宜(ねぎ),広島師範教師をつとめ,のち家塾をひらいた。明治28年1月23日死去。73歳。名は徴。字(あざな)は文献。通称は金蔵別号に視庵。著作に「老生常談」「古今大家名文章」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河野小石の関連キーワード明治時代儒者

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android