コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野恕斎 こうの じょさい

1件 の用語解説(河野恕斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野恕斎 こうの-じょさい

1743-1779 江戸時代中期の儒者。
寛保(かんぽう)3年生まれ。岡白駒(はっく)の長男。「論語」などの経書から小説まで精通。肥前蓮池(はすのいけ)藩(佐賀県)につかえ,大坂藩邸留守居役をつとめる。詩をよくし,片山北海の混沌社に参加した。安永8年2月9日死去。37歳。名は子竜。字(あざな)は伯潜。通称は忠右衛門。著作に「洪範孔伝弁正」「東遊詩草」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河野恕斎の関連キーワードカージャール朝ティチング後桃園天皇平賀源内後桃園天皇小中一貫教育烏亭焉馬尾形乾山亀井南冥大清一統志

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone