コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野恕斎 こうの じょさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野恕斎 こうの-じょさい

1743-1779 江戸時代中期の儒者。
寛保(かんぽう)3年生まれ。岡白駒(はっく)の長男。「論語」などの経書から小説まで精通。肥前蓮池(はすのいけ)藩(佐賀県)につかえ,大坂藩邸留守居役をつとめる。詩をよくし,片山北海の混沌社に参加した。安永8年2月9日死去。37歳。名は子竜。字(あざな)は伯潜。通称は忠右衛門。著作に「洪範孔伝弁正」「東遊詩草」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河野恕斎の関連キーワード高山彦九郎斎藤西山儒者寛保

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android