コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野通忠 こうの みちただ

2件 の用語解説(河野通忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野通忠 こうの-みちただ

1268-? 鎌倉時代の武士。
文永5年生まれ。河野通有(みちあり)の子。弘安(こうあん)4年(1281)の蒙古襲来の際,14歳で父にしたがい出陣。筑前(ちくぜん)(福岡県)志賀島(しかのしま)の戦いで,小舟で元船をおそい負傷しながらも敵をたおす。のち伊予(いよ)(愛媛県)風早郡河野郷を領したという。幼名は千宝丸,八郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

河野通忠

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:文永5(1268)
鎌倉後期,伊予国(愛媛県)石井郷を本貫地とする武士。通有の子。八郎。弘安4(1281)年のモンゴル合戦に,父通有,大叔父通時と共に従軍し,奮戦して傷を受けた。のちに伊予国風早郡河野郷柚木谷を領したことから柚木谷殿と称され,神途城によった。<参考文献>『予章記』『河野家譜』

(瀬野精一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

河野通忠の関連キーワード元(中国の王朝)シルバー人材センター国民医療研究所の調査恵信尼フィリップ名語記イングランド銀行チマブエピサーノ北条時宗

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone