コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野通忠 こうの みちただ

2件 の用語解説(河野通忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野通忠 こうの-みちただ

1268-? 鎌倉時代の武士。
文永5年生まれ。河野通有(みちあり)の子。弘安(こうあん)4年(1281)の蒙古襲来の際,14歳で父にしたがい出陣。筑前(ちくぜん)(福岡県)志賀島(しかのしま)の戦いで,小舟で元船をおそい負傷しながらも敵をたおす。のち伊予(いよ)(愛媛県)風早郡河野郷を領したという。幼名は千宝丸,八郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

河野通忠

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:文永5(1268)
鎌倉後期,伊予国(愛媛県)石井郷を本貫地とする武士。通有の子。八郎。弘安4(1281)年のモンゴル合戦に,父通有,大叔父通時と共に従軍し,奮戦して傷を受けた。のちに伊予国風早郡河野郷柚木谷を領したことから柚木谷殿と称され,神途城によった。<参考文献>『予章記』『河野家譜』

(瀬野精一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河野通忠の関連キーワード名語記大炊御門冬忠覚西近衛基平佐々木頼信三条局(3)善春長尾景煕二階堂行義良慧

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone