コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油水分離 ゆすいぶんり oil‐water separation

1件 の用語解説(油水分離の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゆすいぶんり【油水分離 oil‐water separation】

重力場あるいは遠心力場で,油と水の比重差により水中に含まれる油分もしくは油中の水分が分かれる現象をいう。工場排水や洗浄水中に混入している油分が油滴となって水中に乳濁分散している乳濁液タンク内に静置すると,油は水より軽いので浮上し凝結して油と水の2液相に分かれる。これは浮上分離といわれ,油中の水滴の沈降分離の逆であるが,現象は同一として考えてよい。油滴の大きさが1mm以上なら乳濁液は不安定で比較的容易に分離できるが,油滴径が1~1.5μmの乳濁液は安定で浮上凝結分離に長時間を要する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

油水分離の関連キーワード遠心力グラビトン重力場沈降平衡等価原理比重瓶遠心式分級器沈降定数アインシュタインの重力場の方程式スウェドベリの式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone