コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泉仲愛 いずみ ちゅうあい

1件 の用語解説(泉仲愛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泉仲愛 いずみ-ちゅうあい

1623-1702 江戸時代前期の儒者。
元和(げんな)9年生まれ。熊沢蕃山(くまざわ-ばんざん)の弟。中江藤樹にまなぶ。慶安3年備前岡山藩主池田光政にまねかれ,兄の蕃山とともに仕官。寛文6年泉姓を名のる。御廟(ごびょう)学校惣奉行となり,津田永忠とともに閑谷(しずたに)学校の設立,経営につくした。元禄(げんろく)15年3月20日死去。80歳。京都出身。本姓は野尻。通称は八右衛門。号は泉窩。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

泉仲愛の関連キーワード飯田東渓飯室小櫃江村訥斎貝原楽軒菅仲徹菊池元春周哲中村信斎深尾訒亭茂呂鼇岳

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone