コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泊地 ハクチ

デジタル大辞泉の解説

はく‐ち【泊地】

船が停できる水域。停泊地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はくち【泊地】

船の停泊する所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泊地
はくち
anchorage

荷役や旅客の乗降などのため舶が接岸停泊する水域、すなわちバースや沖荷役、船回し、避難などのために必要とする港内水域の全体をいう。泊地は静穏で底質の錨(いかり)がかりがよく、浮標が整備され、水深は最大対象船舶の満載喫水に10%の余裕をもたせることを標準にしている。またバース前面では、年間を通じて波高が50センチメートル以下となる日数が95%以上となるように、防波堤、接岸施設などの配置を検討して築造する。[堀口孝男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

泊地の関連キーワードケンチョピアの県条例改正長崎県五島市岐宿町岐宿九十九里(町)ソロモン海海戦トリポリタニアデュースブルクタウイタウイ島ミッドウェー島マリアナ沖海戦トンブクトゥ長門(戦艦)アストラハンヤルート島寺泊おけさ浚渫埋立業長門型戦艦利島(村)多々良孝平シーバース厚岸[町]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android