コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法住 ほうじゅう

2件 の用語解説(法住の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

法住 ほうじゅう

1723-1800 江戸時代中期-後期の僧。
享保(きょうほう)8年5月6日生まれ。真言宗豊山(ぶざん)派。大和(奈良県)長谷(はせ)寺で真言密教をまなび,各地に遊学。安永9年紀伊(きい)根来(ねごろ)寺(和歌山県)の左学頭となり,同寺の復興に努力する。寛政3年長谷寺32世に就任。のち根来寺大伝法院座主(ざす)をつとめた。寛政12年5月10日死去。78歳。大和出身。俗姓は中村。字(あざな)は智幢(ちとう)。号は金毛。著作に「秘密因縁管絃相成義(かんげんそうじょうぎ)」など。
【格言など】人と生れて人の道に背くは人面獣心とかや(「秘密安心又略」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

法住

没年:寛政12.5.10(1800.7.1)
生年:享保8.5.6(1723.6.8)
江戸中・後期の真言宗の僧。豊山派最大の学匠。大和添上郡櫟本(天理市櫟本町)出身。16歳で出家。各地に師を求め,密教のみならず仏教一般を修学。寛政3(1791)年豊山派を統括する能化職に就任。八指麾業という各専門尊重の制度を定めて自由な学問的雰囲気を作り,密教学以外に国学や漢学などの専門家を輩出,豊山派学問の黄金時代を出現させた。引退後,根来山復興にも参画。霊的能力に富み,瞑想すれば必ず金色に輝く人が現れ難問に答えると語ったという。著書に中世以来の難問を解決した『秘密因縁管弦相成義』など。<参考文献>櫛田良洪『真言密教成立過程の研究』

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

法住の関連キーワードインド哲学サン・シモン小沢蘆庵法住江戸時代定率減税水俣病第1次訴訟辛酉教獄正祖勢道政治

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法住の関連情報