法華百座聞書抄(読み)ほっけひゃくざききがきしょう

百科事典マイペディアの解説

法華百座聞書抄【ほっけひゃくざききがきしょう】

1巻。作者不詳。ある内親王発願により1110年2月28日から300日間,法華経阿弥陀経般若心経を講じた際の説経聞書本書はそのうちの20日分を原本より漢字仮名交り文写したもの。説経,因縁比喩談,施主賛美など唱導の典型的な形式を伝える貴重な資料であり,《今昔物語集》など多くの説話集と共通する説話を持つ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android