コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唱導 ショウドウ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐どう〔シヤウダウ〕【唱導】

[名](スル)
ある思想・主張を唱えて人を導くこと。「平和運動を唱導する」
経文を唱えて教えを説き、人を仏道に導き入れること。
唱導師」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

唱導【しょうどう】

仏教教理を説いて人を信仰にく行い。梁の慧皎(えこう)の《高僧伝》に〈けだし法理を宣唱して,衆心を開導す〉として,盧山の慧遠(えおん)の優れたことをいう。日本では澄憲安居院(あぐい)流や定円を祖とする三井寺流が有名で,《元亨釈書》巻29に〈方今天下の唱演を言ふは皆二家に効(なら)ふ〉とある。
→関連項目説草太子伝法華百座聞書抄

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうどう【唱導】

仏教の教理を説いて信仰に導くことで,唱道とも書き,演説ともいわれた。中国においても盛んであって,廬山(ろざん)の慧遠(えおん)はその達人であったという。日本古代の教化(きようげ)僧は唱導を事としたが,おなじく教理を説く説教ははじめ経典の内容を解説した。これに対して唱導は音韻抑揚で譬喩談を語った。《元亨釈書》巻二十九は〈本朝音韻を以て吾道(仏教)を鼓吹する者,四家あり。経師と曰(い)ひ,梵唄(ぼんばい)と曰ひ,唱導と曰ひ,念仏と曰ふ〉と述べ,経師はすなわち説経師である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうどう【唱導】

( 名 ) スル
唱道」に同じ。
〘仏〙 教えを説き、人を導くこと。日本では、平安後期に、節や抑揚をつけて語る宗教的芸能として発展し、民衆教化のために利用された。
唱導師」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の唱導の言及

【折口信夫】より

…そのことから,〈貴種流離譚〉は,神々を守って漂泊した人々の,また賤しめられていた芸能者たちのいだいていた世界であったことが考えられる。信夫は日本文学の流れの基層をそのような担い手たちの唱導の歴史であると見た。たしかに,文献・資料をおぎなうためには,独特な用語と詩的直観とによって論証を支えなければならなかったわけだが,文献・資料そのものは眼光紙背に徹するような読みによって支えられている。…

【表白】より

…表白文の形は,初めに本尊に帰依する旨を唱え,次いで本尊,修法の功徳をたたえ,最後に導師・行者の所願を述べる。必ず読み告げるところから,啓白ともいい,また呪文を書き添え,これを唱えるところから,唱導とも称している。【富田 正弘】 表白は漢文読み下し体の詞章に簡単なフシを付け,切れ目切れ目で音を引いてユリを唱えるものだが,略してフシなしに唱えるばあいや,初頭部分以外を黙読に近く微誦するばあいもある。…

※「唱導」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

唱導の関連キーワードアリスティッポス自由貿易帝国主義バンジタート主義原子論的国家観苅萱堂・刈萱堂小野喬木の娘イデオローグイクナートンペスタロッチ演劇改良運動キップハルトポンサールウバーロフ日本霊異記ブルンナー松村 巨湫尾上柴舟橘家神道建部綾足徳本上人

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唱導の関連情報