波乃久里子(読み)なみの くりこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

波乃久里子 なみの-くりこ

1945- 昭和後期-平成時代の女優。
昭和20年12月1日生まれ。17代中村勘三郎の長女。歌舞伎の子役をつとめ,昭和36年劇団新派の「婦系図」に出演,翌年入団する。「大つごもり」,「雁」(47年芸術祭優秀賞),「紙屋治兵衛」(54年芸術選奨新人賞)などの新派の舞台で活躍。平成23年紫綬褒章。神奈川県出身。東京家政学院高卒。本名は波野久里子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

波乃久里子の関連情報