コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥棒日記 どろぼうにっきJournal du voleur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泥棒日記
どろぼうにっき
Journal du voleur

フランスの小説家,劇作家ジャン・ジュネの小説。 1949年刊。作者自身の半生を軸に,悪の壮麗な美に彩られた犯罪男色の世界を詩的言語を駆使して描き,その復権を企てたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どろぼうにっき【泥棒日記】

《原題、〈フランスJournal du voleur ジュネの自伝的小説。1949年刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泥棒日記
どろぼうにっき
Journal du voleur

フランスの作家ジャン・ジュネの自伝的長編小説。1949年刊。流浪の旅を続けてきた作者はスペインにたどり着き、一匹のシラミのようにバルセロナの貧民街に住み着く。乞食(こじき)をしながら男娼(だんしょう)となり、かっぱらいとなり、やがて泥棒に仲間入りする。ベルギー、イタリアなど諸国を放浪してフランスへ帰る。日記とはいうが日付はなく、年代も追わず、過去と現在が交錯する話法で終始する。右手のない美男スティリターノなど、作中のやくざ連中はすべて高貴な聖徒として描かれ、汚辱を美に転換し聖化して自己を救済する過程が語られていて、ジュネの才能が純粋に結実した希有(けう)な生活体験の漂泊記録である。[曽根元吉]
『朝吹三吉訳『泥棒日記』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

泥棒日記の関連キーワード実存主義文学若林 美宏戸浦 六宏渡辺 文雄朝吹 三吉佐藤 慶大久保鷹堀ひろこ朝吹三吉ATG大島渚盗賊

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

泥棒日記の関連情報