コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥湯温泉 どろゆおんせん

2件 の用語解説(泥湯温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泥湯温泉
どろゆおんせん

秋田県南東部,湯沢市にある温泉。奥羽山脈に囲まれた高松川の上流に位置し,古くから療養温泉として近在の湯治客を集めていた。泉質は硫黄泉,単純泉。泉温は 66~97℃。泥湯の名のとおり白濁した湯で,腰痛や神経痛,リウマチなどに特効がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泥湯温泉
どろゆおんせん

秋田県南部、湯沢市にある温泉。小安(おやす)岳の北麓(ほくろく)、高松川の上流に沿う。発見は1680年(延宝8)と伝えられ、秋田藩士の休養所にもなった。泉質は単純温泉、硫黄(いおう)泉。湯が泥状に濁っているので泥湯という。春秋の農閑期には湯治客が多い。栗駒(くりこま)国定公園域で、付近には木地山(きじやま)高原、霊山として知られる川原毛地獄がある。[宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

泥湯温泉の関連キーワード秋田県湯沢市内舘町秋田県湯沢市内町秋田県湯沢市大町秋田県湯沢市小野秋田県湯沢市桑崎秋田県湯沢市古館秋田県湯沢市前森秋田県湯沢市松岡秋田県湯沢市森秋田県湯沢市八幡

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

泥湯温泉の関連情報