コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥湯温泉 どろゆおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泥湯温泉
どろゆおんせん

秋田県南東部,湯沢市にある温泉。奥羽山脈に囲まれた高松川の上流に位置し,古くから療養温泉として近在の湯治客を集めていた。泉質硫黄泉単純泉泉温は 66~97℃。泥湯の名のとおり白濁した湯で,腰痛や神経痛リウマチなどに特効がある。宿は深い森に囲まれて数軒が集り,東北の温泉らしい趣を残している。近くには東北伝統こけしの1つとして知られる木地山こけしの工房がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泥湯温泉
どろゆおんせん

秋田県南部、湯沢市にある温泉。小安(おやす)岳の北麓(ほくろく)、高松川の上流に沿う。発見は1680年(延宝8)と伝えられ、秋田藩士の休養所にもなった。泉質は単純温泉、硫黄(いおう)泉。湯が泥状に濁っているので泥湯という。春秋の農閑期には湯治客が多い。栗駒(くりこま)国定公園域で、付近には木地山(きじやま)高原、霊山として知られる川原毛地獄がある。[宮崎禮次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

泥湯温泉の関連キーワード泥湯温泉ガス事故秋田県湯沢市硫化水素

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

泥湯温泉の関連情報