泥鰌鍋(読み)どじょうなべ

精選版 日本国語大辞典「泥鰌鍋」の解説

どじょう‐なべ どぢゃう‥【泥鰌鍋】

〘名〙 味噌で下煮した丸泥鰌(まるどじょう)をみりんと醤油で味をつけただしで煮て刻みねぎをのせて食べる鍋料理。ささがきごぼうと煮て卵でとじた柳川鍋もいう。《季・夏》
※人情本・花筐(1841)初「此方へとるが宜いわな。乳母には鰌鍋(ドゼウナベ)にでも仕やう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android