泥鰌鍋(読み)どじょうなべ

精選版 日本国語大辞典「泥鰌鍋」の解説

どじょう‐なべ どぢゃう‥【泥鰌鍋】

〘名〙 味噌で下煮した丸泥鰌(まるどじょう)をみりんと醤油で味をつけただしで煮て刻みねぎをのせて食べる料理。ささがきごぼうと煮て卵でとじた柳川鍋もいう。《季・夏》
※人情本・花筐(1841)初「此方へとるが宜いわな。乳母には鰌鍋(ドゼウナベ)にでも仕やう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「泥鰌鍋」の解説

どじょう‐なべ〔どぢやう‐〕【泥鰌鍋】

鍋に丸のままのドジョウささがきゴボウを入れ、みりん・醤油で味つけをしただしで煮たもの。 夏》を入れて葭戸よしど透くなり―/波郷
柳川やながわ」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android