コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泰山元孚(初代) おおやま もとざね

1件 の用語解説(泰山元孚(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泰山元孚(初代) おおやま-もとざね

1741-1830 江戸時代中期-後期の装剣金工。
寛保(かんぽう)元年生まれ。大山元教の子。常陸(ひたち)水戸の人。江戸にでて奈良派にまなび,帰郷して赤城軒派を隆盛にみちびく。奈良派,浜野派,横谷派の作風をとりいれた。姓を大山から泰山にあらためた。文政13年1月13日死去。90歳。通称は新右衛門,治兵衛。号は赤城軒,東陽斎元春,東愚など。名は「もとたか」ともよむ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

泰山元孚(初代)の関連キーワード寛保堀江六之丞民衆を導く自由の女神勢州阿漕浦市川団十郎瀬川菊之丞万古焼市川団十郎宇部(市)児童文学

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone