コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洋種朝鮮朝顔 ヨウシュチョウセンアサガオ

2件 の用語解説(洋種朝鮮朝顔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ようしゅ‐ちょうせんあさがお〔ヤウシユテウセンあさがほ〕【洋種朝鮮朝顔】

ナス科の一年草。高さ1~2メートル。茎は紫色を帯び、葉は卵形で縁に鋭いぎざぎざがある。夏、淡紫色の漏斗状の花を開く。実は卵形で鋭いとげが密生し、熟すと四つに裂ける。中の種子は黒褐色。葉や種子に猛毒のヒヨスチアミンなどを含み、製薬原料とする。熱帯アメリカの原産で、日本には明治初めに輸入され、野生化している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ようしゅちょうせんあさがお【洋種朝鮮朝顔】

ナス科の一年草。アメリカ原産。有毒植物。各地に野生化し、チョウセンアサガオの代わりに薬用に栽培もされる。茎は高さ約80センチメートルでよく分枝し、暗紫色。葉は長楕円形で浅裂。夏から秋、淡紫色漏斗形の花を開く。葉と種子を喘息ぜんそくなどの薬にする。藤色曼陀羅華ふじいろまんだらげ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洋種朝鮮朝顔の関連キーワードジュートトマトシザンサス秋の野芥子アンディーブ犬稗浮矢柄煙草糠黍沼茅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone