洋装本(読み)ようそうぼん

精選版 日本国語大辞典「洋装本」の解説

ようそう‐ぼん ヤウサウ‥【洋装本】

〘名〙 製本様式の一つ。糸とじの中身を丸背または角背に固め表紙ばりした表紙をかぶせて仕上げる製本(上製)、糸とじ、針金とじなどでとじた中身に表紙をかぶせ、中身と表紙とを一度に仕上げ裁ちする仮製本(並製)、中身を針金とじし、背はクロス、板紙を心とした厚表紙でくるむ南京の三種がある。また、その様式の本。洋綴本。
※書物(1944)甲〈森銑三〉一三「新刊書といへば洋紙の洋装本に殆ど限られてしまってゐるやうであるが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android