洋食(読み)ヨウショク

世界大百科事典 第2版の解説

ようしょく【洋食】

西洋の料理を意味することばだが,西洋料理がイギリス,フランス,イタリア,ドイツ,アメリカなど,欧米諸国の料理を総称しているのに対して,洋食には多分に日本的な要素がふくまれている。明治維新を境に,本格的な西洋料理が登場したが,当初のそれは,内外貴賓の宴会料理であったため,庶民には縁の遠い存在であった。しかし,明治の末には町のコックがくふうした日本式西洋料理の登場が相次ぎ大正年間には一般大衆の間にも普及して〈洋食〉と呼び,それを売る店を洋食屋というようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の洋食の言及

【西洋料理】より

…西洋料理を庶民が口にするようになったのは,町のコックによって日本独自のカツレツ,ライスカレー,エビフライなどがくふうされた明治末から大正にかけてのことである。以後,日本式西洋料理は洋食の呼名で一般家庭にも普及して,ようやく大衆のものとなった。【村岡 実】。…

※「洋食」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

洋食の関連情報