洛水(読み)ラクスイ

デジタル大辞泉「洛水」の解説

らく‐すい【洛水/雒水】

中国、陝西せんせい省南部にある華山に源を発し、河南省に入って北東に流れ、洛陽の南を通り黄河に注ぐ川。長さ420キロ。洛河南洛河。ルオショイ。
中国、陝西省北西部にある白于はくう山地に源を発し、南東に流れ、渭水いすいに合流して黄河に注ぐ川。長さ660キロ。河。北洛河。ルオショイ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「洛水」の解説

らくすい【洛水 Luò shuǐ】

中国の河川で,同名のものが二つある。ともに黄河水系に属し,いずれも洛河ともいう。(1)黄河下流部南岸の大支流。雒水と書かれた時代もある。河南省の西部にあり,陝西省の華山南麓に発源,河南省盧氏県を経て,偃師(えんし)県で伊河を併せ,洛陽南郊を経て,鞏(きよう)県洛口で黄河に合流する。長さ420km。(2)北洛水とも言い,陝西省北部にある。同省定辺県に源を発し,志丹,洛川,蒲城等の県を経て,大茘(だいれい)県で渭河と合流したのち黄河に入る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android