コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞ケ峠 ホラガトウゲ

とっさの日本語便利帳の解説

洞ケ峠

大阪・枚方市と京都・八幡市との境にある峠。秀吉と光秀が山崎で戦った際、大和郡山城主の筒井順慶が、有利な側につこうと戦を傍観した場所。転じて日和見の意味で「洞ケ峠を極めこむ」のように使われるが、史実は異なり、順慶はすぐさま旗幟鮮明にして秀吉を支持した。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

洞ケ峠の関連キーワード永井直諒

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android