コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞ケ峠 ホラガトウゲ

1件 の用語解説(洞ケ峠の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

洞ケ峠

大阪・枚方市と京都・八幡市との境にある峠。秀吉と光秀が山崎で戦った際、大和郡山城主の筒井順慶が、有利な側につこうと戦を傍観した場所。転じて日和見の意味で「洞ケ峠を極めこむ」のように使われるが、史実は異なり、順慶はすぐさま旗幟鮮明にして秀吉を支持した。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洞ケ峠の関連キーワード青葉山暗峠坂本峠高見山枚方市洞ヶ峠霊山逢坂越高槻真土山

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

洞ケ峠の関連情報