コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田近義 つだ ちかよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田近義 つだ-ちかよし

1691-1762* 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)4年生まれ。京都の人。三宅尚斎にまなび,武芸にもすぐれた。評判をきいた金沢藩主前田家に招聘(しょうへい)されたが辞してうけず,市井にあって教授した。宝暦11年12月10日死去。71歳。通称は勘六。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

津田近義の関連キーワードピョートル3世ルソー(Jean-Jacques Rousseau)インノケンチウス12世オレンジ結社越後屋ヨーハン・ゲオルク3世メルコム(男)唐津藩桃園天皇ビュート伯

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android