コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田重久 つだ しげひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田重久 つだ-しげひさ

1549-1634 織豊-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)18年生まれ。山城(京都府)の人。将軍足利義昭につかえ,のち明智光秀にしたがう。本能寺の変では先鋒(せんぽう)をつとめる。光秀の敗死後,高野山にのがれるが,ゆるされて豊臣秀吉,秀次につかえた。秀次の死後,前田利長の臣となる。寛永11年死去。86歳。通称は与三郎。号は道供。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

津田重久の関連キーワード徳川家光コルネイユ(Pierre Corneille)岡田幸樹藤田清二細川智三日和佐裕子竹内清人久保和明ケットの乱日本史

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android