コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水橋 みずはし

2件 の用語解説(水橋の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みずはし【水橋】

越中国(富山県)新川郡,常願寺川河口の港町。《延喜式》に水橋駅が見え,古くから渡河点として北陸道の要衝であった。中世後期には一向宗の水橋門徒の活動が知られている。江戸時代には常願寺川(現,白岩川)をはさんで東水橋と西水橋に分かれ,1646年(正保3)の高付帳には浦方東水橋,浦方西水橋とある。56年(明暦2),70年(寛文10)の〈村御印(むらごいん)〉には合わせて水橋浦とあるが,村役人は別であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水橋
みずはし

富山市北部の一地区。日本海に臨み、西の常願寺(じょうがんじ)川、東の上市(かみいち)川に挟まれ、中央を白岩(しらいわ)川が流れる。『延喜式(えんぎしき)』に北陸道の水橋駅が記され、中世は一向(いっこう)宗水橋門徒の活動の中心であった。江戸時代は北陸街道の要地で物資の集散地として栄えた。河東(かわひがし)七浦の一つで北前(きたまえ)船や能登(のと)通いの船が出入りした。現在は売薬業が多く、水橋郷土資料館には売薬資料が多い。沖合いは特別天然記念物ホタルイカ群遊海面。[深井三郎]
『『水橋町郷土史』(1954・水橋町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水橋の関連キーワード常願寺川富山平野滑川伏木有峰湖下新川海岸佐藤助九郎(初代)孫市おわら娘風の盆恋唄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水橋の関連情報