コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洪喜男 こう きだん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

洪喜男 こう-きだん

1595-? 朝鮮王朝の官吏。
宣祖28年生まれ。将軍慶事や交渉などで派遣される通信使の通訳として江戸時代前期にたびたび来日。日本からも慶弔使節朝鮮にわたったが,洪の進言で朝鮮側は釜山で応接するようになった。字(あざな)は子悦。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

洪喜男

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:宣祖28(1595)
朝鮮王朝中期の官人。日本語読みは「こう・きだん」。字は子悦。仁祖4(1626)年から孝宗10(1659)年まで倭学訳官であったことが確認できる。対馬への訳官使や通信使随行の訳官としてしばしば来日。寛永11(1634)年曲馬団を率いて来日し,柳川一件(宗義成と柳川調興の争論)での宗氏側勝利を報告するなど,17世紀前半から中葉にかけ,朝鮮政府にとって最も信頼できる知日派訳官のひとりであった。

(鶴田啓)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

洪喜男の関連キーワード官吏没年

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android