コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洮河 とうが Táo hé

2件 の用語解説(洮河の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とうが【洮河 Táo hé】

中国,甘粛省の河川。省南西部と青海省の境の西傾山北東側に源を発して東流,省南部岷県付近で北へ大きく屈曲して流れ,蘭州南西の永靖付近で黄河に合流する。上流域の甘南チベット族自治州では,草原でヤクの放牧がみられる。1958年6月から省南西の古城と岷県の間の人造湖をはじめ全長約1400kmの運河などが建設され,水不足の省中・東部の黄土高原に洮河の水が供給されるようになった。【小野 菊雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


とうが / タオホー

中国、甘粛(かんしゅく)省南西部を流れる黄河上流の一支流。青海省との境界、西傾(せいけい)山に源を発して東流し、岷(びん)県で北流し蘭州(らんしゅう)の上流で黄河に合流する。臨(りんとう)県より下流では険しい渓谷をなし、隴右(ろうゆう)地方(甘粛省南東部)を西域(せいいき)やチベット高原の異民族の侵入から守る防御線となった。漢民族の活動範囲は河の東に限られ、西はもともとチベット系民族の居住地であった。現在も甘南(かんなん)ツァン族自治州となっている。[秋山元秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洮河の関連キーワードチベット語天水陽関涼州祁山祁連山秦嶺西寧青海省青海チベット(青蔵)高原

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone