コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洮河 とうがTáo hé

世界大百科事典 第2版の解説

とうが【洮河 Táo hé】

中国,甘粛省の河川。省南西部と青海省の境の西傾山北東側に源を発して東流,省南部岷県付近で北へ大きく屈曲して流れ,蘭州南西の永靖付近で黄河に合流する。上流域の甘南チベット族自治州では,草原でヤクの放牧がみられる。1958年6月から省南西の古城と岷県の間の人造湖をはじめ全長約1400kmの運河などが建設され,水不足の省中・東部の黄土高原に洮河の水が供給されるようになった。【小野 菊雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


とうが / タオホー

中国、甘粛(かんしゅく)省南西部を流れる黄河上流の一支流。青海省との境界、西傾(せいけい)山に源を発して東流し、岷(びん)県で北流し蘭州(らんしゅう)の上流で黄河に合流する。臨(りんとう)県より下流では険しい渓谷をなし、隴右(ろうゆう)地方(甘粛省南東部)を西域(せいいき)やチベット高原の異民族の侵入から守る防御線となった。漢民族の活動範囲は河の東に限られ、西はもともとチベット系民族の居住地であった。現在も甘南(かんなん)ツァン族自治州となっている。[秋山元秀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

洮河の関連キーワードティンシー(定西)地区ホワントー(黄土)高原甘粛仰韶文化半山古墓群斉家坪遺跡辛店遺跡半山遺跡哱拝の乱

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android