コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活物寄生 かつぶつきせいparasitism

翻訳|parasitism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

活物寄生
かつぶつきせい
parasitism

普通にいう寄生とほぼ同義語。死んだ生物体への寄生 (腐生) と区別する場合にのみ,特に活物寄生という。青虫に寄生するヤドリバチの場合などは,宿主である青虫は結果として死ぬが,ハチの幼虫の発育には青虫が生きていることが必要だから,これも活物寄生である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かつぶつ‐きせい〔クワツブツ‐〕【活物寄生】

生物が、生きている他の生物体に寄生し、養分などを吸収すること。⇔死物寄生

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かつぶつきせい【活物寄生】

生きた生物への寄生。死物寄生(腐生)と区別する場合にいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

活物寄生
かつぶつきせい

生きているほかの生物に寄生し、その生物(宿主(しゅくしゅ))から必要な養分をとって自己の生活のために消費する生活様式。カッコウやサムライアリなどにみられる社会寄生もこれに含まれる。[近藤高貴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

活物寄生の関連キーワードムラサキモンパキン(紫紋羽菌)宿主(しゅくしゅ)ウドンコビョウキンヤッコソウ(奴草)サムライアリラフレシア寄生植物べと病菌こぶ寄生菌全寄生腐生菌カビ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android