コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死物寄生 しぶつきせい saprophytism; saprophagy

4件 の用語解説(死物寄生の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

死物寄生
しぶつきせい
saprophytism; saprophagy

腐生ともいう。細菌,菌類などが営む生活様式で,生物の死体,排出物などを栄養源とする。高等植物でもギンリョウソウなどは死物寄生する。 (→腐生植物 )  

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しぶつ‐きせい【死物寄生】

生物が他の生物の死体・排泄物(はいせつぶつ)などを栄養源として生活すること。細菌や菌類に多くみられる。物質を分解し、自然界における物質の循環に大きな役割を果たす。腐生(ふせい)。⇔活物寄生

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しぶつきせい【死物寄生】

腐生ふせいのこと。 → 活物寄生

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

死物寄生
しぶつきせい

生物の死体や排出物など死んだ有機物から栄養をとって生活することをいう。活物寄生に対する語で、腐生ともよばれる。腐敗菌、シイタケ、ギンリョウソウなど、植物に多くみられる。動物では落ち葉を食べるササラダニ、腐肉を食べるハエの幼虫(ウジ)などが死物寄生者に含まれる。死物寄生者は、生態系の物質循環において有機物を無機物に分解する役割を果たしており、分解者とよばれることも多い。[近藤高貴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の死物寄生の言及

【腐生植物】より

…植物のうち,独立で生活できるだけの栄養物を合成することができず,他物に寄り付いて栄養を得るものを他養というが,寄り付くものが死んだ有機物である場合を死物寄生または腐生saprophagyといい,そのような植物を腐生植物という。ただし,高等植物には真の腐生植物はなく,腐生的な菌根から養分をとる菌根植物で,正確には腐生菌類に寄生する植物である。…

※「死物寄生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

死物寄生の関連キーワード腐生腐生植物鬼の矢幹錫杖草腐生菌変形菌本郷草真菌土通草腐生連鎖

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone