コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死物寄生(読み)しぶつきせい(英語表記)saprophytism; saprophagy

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

死物寄生
しぶつきせい

生物の死体や排出物など死んだ有機物から栄養をとって生活することをいう。活物寄生に対する語で、腐生ともよばれる。腐敗菌、シイタケ、ギンリョウソウなど、植物に多くみられる。動物では落ち葉を食べるササラダニ、腐肉を食べるハエの幼虫(ウジ)などが死物寄生者に含まれる。死物寄生者は、生態系の物質循環において有機物を無機物に分解する役割を果たしており、分解者とよばれることも多い。[近藤高貴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の死物寄生の言及

【腐生植物】より

…植物のうち,独立で生活できるだけの栄養物を合成することができず,他物に寄り付いて栄養を得るものを他養というが,寄り付くものが死んだ有機物である場合を死物寄生または腐生saprophagyといい,そのような植物を腐生植物という。ただし,高等植物には真の腐生植物はなく,腐生的な菌根から養分をとる菌根植物で,正確には腐生菌類に寄生する植物である。…

※「死物寄生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android