コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死物寄生 しぶつきせいsaprophytism; saprophagy

4件 の用語解説(死物寄生の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

死物寄生
しぶつきせい
saprophytism; saprophagy

腐生ともいう。細菌,菌類などが営む生活様式で,生物の死体,排出物などを栄養源とする。高等植物でもギンリョウソウなどは死物寄生する。 (→腐生植物 )  

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しぶつ‐きせい【死物寄生】

生物が他の生物の死体・排泄物(はいせつぶつ)などを栄養源として生活すること。細菌や菌類に多くみられる。物質を分解し、自然界における物質の循環に大きな役割を果たす。腐生(ふせい)。⇔活物寄生

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しぶつきせい【死物寄生】

腐生ふせいのこと。 → 活物寄生

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

死物寄生
しぶつきせい

生物の死体や排出物など死んだ有機物から栄養をとって生活することをいう。活物寄生に対する語で、腐生ともよばれる。腐敗菌、シイタケ、ギンリョウソウなど、植物に多くみられる。動物では落ち葉を食べるササラダニ、腐肉を食べるハエの幼虫(ウジ)などが死物寄生者に含まれる。死物寄生者は、生態系の物質循環において有機物を無機物に分解する役割を果たしており、分解者とよばれることも多い。[近藤高貴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の死物寄生の言及

【腐生植物】より

…植物のうち,独立で生活できるだけの栄養物を合成することができず,他物に寄り付いて栄養を得るものを他養というが,寄り付くものが死んだ有機物である場合を死物寄生または腐生saprophagyといい,そのような植物を腐生植物という。ただし,高等植物には真の腐生植物はなく,腐生的な菌根から養分をとる菌根植物で,正確には腐生菌類に寄生する植物である。…

※「死物寄生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone