コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅井元秋 あさい もとあき

1件 の用語解説(浅井元秋の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅井元秋 あさい-もとあき

1645-1725 江戸時代前期-中期の兵法家。
正保(しょうほ)2年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士。大地寄治に甲州流兵学をまなび,大番頭(おおばんがしら)などをつとめた。大石良雄,細井広沢(こうたく)と親交があり,大石から愛刀をおくられたという。享保(きょうほう)10年3月9日死去。81歳。通称は彦九郎,織部,隼人。号は恣睡。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

浅井元秋の関連キーワード内田雪山河曲一蜂古筆了音斎藤雇繒仲上法策西俣因悦本郷登本郷亘都又平吉田慎斎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone