コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅利牛欄 あさり ぎゅうらん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅利牛欄 あさり-ぎゅうらん

1543-1613 織豊-江戸時代前期の武士。
天文(てんぶん)12年生まれ。出羽(でわ)大館城(秋田県)城主の父頼平が殺され,浅利家が没落したため出羽久保田藩(秋田県)藩主佐竹義宣(よしのぶ)の鷹匠(たかじょう)となった。慶長18年1月25日,71歳で死去。一説に寛永のころに84歳で死去。名は頼治(よりはる)。著作に「鷹飼養法」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

浅利牛欄の関連キーワードロマノフ朝ロマノフ朝コペルニクス鉄砲伝来戦国時代(日本)鉄炮記天文学史(年表)ロマノフ朝ハインリヒ・ユリウスベトレン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android