コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大館城 おおだてじょう

日本の城がわかる事典の解説

おおだてじょう【大館城】

秋田県大館市にあった平山城(ひらやまじろ)。鎌倉時代以来、比内(ひない)地方を領有していた浅利(あさり)氏の城である。大館盆地の中央部に位置し、長木川左岸の河岸段丘の上に築かれていた。戦国時代末期、比内地方を制圧した浅利則頼(のりより)の次男の勝頼により築かれたとされている。浅利氏は秋田氏(安東氏)に従っていたが、徐々に力をつけ独立を図るようになり、旧主家と対立し、その後は南部氏、津軽氏(大浦氏)の入り乱れる係争地となっていた。則頼の死後、兄の則祐が家督を継いだが、兄と対立した勝頼は檜山城(ひやまじょう)(能代市)の安東愛季(ちかすえ)に内応し、則祐を自害に追い込んで家督を継いだが、1583年(天正11)に愛季により謀殺されて浅利氏は断絶した。愛季は1585年(天正13)、この城を攻略して城代を置いている。その後、南部氏がこの地方に進出し、この城を奪うなど変転があったが、結果的に秋田氏が戦いを制し、1590年(天正18)、豊臣秀吉の奥州仕置により秋田氏に属すことになった。秋田氏は関ヶ原の戦いの後に常陸国に移封となり、常陸から秋田に国替えとなった佐竹氏の城となった。元和の一国一城令では、横手城とともに例外として、正規の城としての存続が認められ、藩領北部の統治の拠点として明治維新まで存続した。しかし、戊辰戦争で南部氏の大軍により攻撃された際、大館城代の佐竹義遵(佐竹大和)は自ら城に火を放ったことで、堀などの遺構を残して全焼した。現在、堀と土塁、石垣の一部が残っており、本丸跡は桂城(けいじょう)公園として整備されている。佐竹氏の整備した大館城は、幕府を憚ってのことか、本城の久保田城(秋田市)同様、石垣を用いず土塁を主体にしている。JR花輪線東大館駅から徒歩約15分。またはJR奥羽本線大館駅からバス約7分。◇桂城(かつらじょう)とも呼ばれる。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

大館城の関連キーワード秋田県大館市中城大館曲げわっぱ岩城重隆(1)大館(市)岩城貞隆岩城常隆狩野良知伊達輝宗浅利牛欄佐竹義遵飯野平城横手城南部浅利平城川連

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android