コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅田新七 あさだ しんしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅田新七 あさだ-しんしち

1711-1777 江戸時代中期の殖産家。
正徳(しょうとく)元年生まれ。家業は材木中継ぎ問屋。越後(えちご)上布,伊勢(いせ)松坂木綿を参考にして,宝暦のころ大和絣(がすり)を創案し,大和(奈良県)の特産とした。書家としても知られた。安永6年8月19日死去。67歳。大和出身。名は操。字(あざな)は篤志。号は松堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

浅田新七の関連キーワード正徳

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android