コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松坂木綿 マツサカモメン

3件 の用語解説(松坂木綿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まつさか‐もめん【松坂木綿】

松阪付近から産出する木綿織物。縞木綿が主で、元禄(1688~1704)ころから伊勢神宮参拝の土産物として全国に普及した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松坂木綿
まつさかもめん

伊勢(いせ)国(三重県)松坂地方で生産される綿織物。近世になり木綿栽培が普及するとともに発達したもので、木綿と麻の交織や縞(しま)織物を織り出し、元禄(げんろく)年間(1688~1704)までには広く用いられるようになった。農家の副業から企業として発展したのは明治中期以後で、昭和初期には15軒の機業場があったが、現在ではわずか数軒だけとなり、地藍(あい)を使って正藍染めしたものが織られるにすぎない。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の松坂木綿の言及

【伊勢国】より

…茶も伊勢茶の呼名を得,江戸への販路をもつ産地もあり,開港後は輸出茶として急増した。木綿は中世末から作間稼ぎとして織り出されたが,しだいに草綿栽培地が拡張し,対外的には松坂木綿(松坂縞)の名が知られた。ナタネの栽培も盛んで,灯火・食糧用種油が搾られ伊勢水と称された。…

【松阪[市]】より

… 周辺農村で木綿生産が盛んになると,単なる宿場町ではなく,旧来の町々が商業地域となり,しだいに諸物資の集散と供給の機能をもつ商業都市として発達した。松坂木綿を扱う問屋町が生まれ,その活況のなかから伊勢商人が輩出,なかには江戸へ進出する者もあった。また,紀州藩の年貢米を扱う問屋もおこった。…

※「松坂木綿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松坂木綿の関連情報